腕時計

2009年2月 4日 (水曜日)

名機復活!ミルガウスってどうなのよ!?

今日は時計のお話です!

去年の事ですが、スイスバーゼルにおいて、

ロレックスよりかつての名機である

【ミルガウス】が復活いたしました。

レントゲン技師や医療関係など、強烈な磁場でも

精度を保ち使用できるという、特殊時計です。

賛否両論ですが、実際には不人気機種でした。

Dsc02035as

ファーストモデルが↑です。

デイト表示は無し、回転ベゼル搭載。

現在では数百万円で取引されています。

現物は私も見たことがありません。

Dsc02265as

2NDモデルは↑です。回転ベゼル非搭載で

シンプルな感じですね。これも現在は高価です

1223025872

そして、今回復活した新型ミルガウス3代目モデル

初代の稲妻型の秒針が復活しています。

シンプルさは変わらずですが、ポリッシュケースで

ラグジュアリー感が出ていますね。

秒針オレンジが良いアクセントにもなっています

昨年末の登場時には並行店ではプレミアム価格で

100万円をゆうに超えていましたが、ここにきて

経済悪化などもあり、50万前後に落ち着いてきました

で、実際どうなのよ!?ってことで、

実物を見てきた感想を書いてみますと、

このモデル、最大の変更点はケースサイズのUP

先代モデルが38ミリのケースに対し

新型は40ミリにサイズアップが図られました。

単に2ミリの変更ですが、装着感や見た目は

かなり変わってしまうんです、これが強烈。

見た目は大型の部類のサブマリーナや

シードゥエラーをも超えて見えるほどです。

EX1などは寂しく見えてしまうほどの存在感。

搭載ムーヴも新型のcal3131を採用。

パラクロムヒゲゼンマイを搭載し、

耐磁性を徹底的に強化しているようです。

デカ厚時計が好きで、尚且つシンプルがイイ

そんな人には是非オススメの1本。

私も最初は全く興味が無かったですが、

実物を見て、一瞬で心奪われたほどでした。

購入を検討している方は、是非一度

実物を見て、装着してみると良いですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月曜日)

物色・・・物色。

そろそろボーナス時期ですねぇ(笑)

何か欲しいな・・・欲しいな!

いつも悩んで結局買えないのですが、

悩むのはタダなんでね。

悩むのを楽しもう!ってことで。

今、非常に気になっている時計君がいます。

今というか1年前位からなんですがね(汗)

Sinn756diapal

SINN 756 DIAPALという時計。

SINNというドイツの時計メーカーで、

時計好きの方なら一度は耳にした名前かと、

結構マニアの多いメーカーの一つですね。

航空機(戦闘機?)の計器を作ってたりもします。

その計器類をモロに腕時計にしてしまったのが

このシリーズなんです!

めっちゃシンプルで、非常に見やすく

さらには、存在感抜群!!

特に、この756DIAPALについては、

生産本数も少なく、私もまだ

実物を見たことはありませんです。

前回クロノタイム購入の際に、

何を購入するかというので、

最後の最後まで悩んだのがコイツ。

次に買うならコイツかな!?

まぁ、買えないでしょうけど・・・

悩んでるのが楽しいのでOK!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水曜日)

チュードル クロノタイム

今日は私の趣味である時計について

ご紹介しちゃいます。

先日、32歳の誕生日を迎え、

自分へのご褒美に、新たな時計を買いました。

今、メインで使っているROLEXがそろそろ

オーバーホールの時期にきてることもあり、

修理期間中の時計が無いのもキツイので

今回新たに購入したわけです。

購入したのは、チュードルのクロノタイム

P9150015

中古品ではありますが、程度も良く、

ROLEXのデイトナ6263モデルを彷彿させる

シルバー文字盤に黒の三つ目で

3連オイスターブレス仕様。

リューズはROLEXで、

裏ブタにもROLEXの刻印が入ります。

時計に興味の無い方には、

『チュードル』というブランドは

あまりご存知ないかと思いますが、

実は『ROLEX』の創始者が設立した

ROLEXのディフュージョンブランドなんです。

その昔、イギリスにROLEXが誕生し、

市場を拡大しようとしたのですが、

当時のROLEXはあまりに高級で、

イギリスでは受け入れられない為、

時計の心臓部であるムーブメントを

ROLEX製ではなく、現ETA社の

量産ムーブメントに代えることで

本体価格を下げる事ができ

イギリスでも受け入れられるように

ブランド名も『チュードル』に変更して

成功したという逸話があります。

今回購入したクロノタイムも、

ROLEXでいう、デイトナであり、

流用パーツも多く存在してるようです。

デイトナだとかなり高価ですが、

あえて外して『チュードル』というのも

なかなか良いかなと思います。

デイトナには無いデイト表示もあり、

機能的にも申し分ありませんね。

一見、デイトナのパチモノにみえますが

それもまた良しで(笑)

長く付き合っていける、

良い時計ではないでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金曜日)

生産中止!

ついにこの時が来た!

P8080008

私の愛機である、ROLEXのSEA-DWELLER

ついに世代交代で生産中止だそうです。

今後はさらにハイスペックなディープシーが

市場に投入されるそうです。

ちょっとプレミア化の予感がしたので、

数あるロレックス専門店のHPを覗いてみました

・・・・・予感的中w

つい最近までは、人気のサブマリーナに

販売・買取共に負けていたのに

ここにきて逆転現象がw

新品で65万ですって・・・定価を超えてる。

現在の正規店定価が約60万円。

私が購入した時は、定価が50万で

並行輸入店で定価割れの45万でした。

この5年で変わるもんだなぁ。

オークションなんかでは、私の物よりも

古い物で35万~40万で落札されてる。

売って新しいの買おうかな!?

一時的なプレミアで、時が来れば

落ち着き、一気に集めた在庫がはけず

価格が暴落するおそれもある。

暴落したらかなりショックですね。

かなりお気に入りの時計だし、

ずっと持っていたいので、できれば

買った金額より下がるのは勘弁!

うーん悩みどころですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火曜日)

やっと手に入れました!

何年か前から、ROLEXとは別に、カジュアルな時計が欲しくて、

nixonというブランドに目をつけてました、結構奇抜なデザインで

カッコいいんです。スノボーやサーフィンなどの横乗り系のブランドです

ただ、値段が高くて、今までは買わずにいましたが、

今回、嫁さんから誕生日のプレゼントで買ってもらいました。

070925_164001 一瞬時計には見えないデザイン!

こんなんで、3万8千円もする!!

ドンキで安くなってても3万!

自分で購入するとしたら

デザイン重視で3万は使えません。

時計としての機能はゼロに近いですから・・・

時間を判別するのに3秒くらいかかります・・・(泣)

レトロチックなデザインとウッドの奇抜な色が気に入ってます。

冬のボードの時のお供に活躍してくれそうです!

スカブはというと、プーリーカバーを赤に塗装する予定でしたが、

断念しました・・・だって・・・面倒くさいんだもん・・・

というわけで、メッキプーリーカバー購入しました。

まだ届いてないんで、また後日・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月曜日)

【ROLEX】エクスプローラーⅠ

もう夏も終わりなのでブログデザイン更新です。

秋になって向日葵じゃぁオカシイですもんね、

さて、今日は、先日ボクの時計について書きましたが、

最近また時計好き熱が上がってきてしまいました。

購入を検討している方なんかに参考になればと、

私の勝手な目線&勝手な意見で、

いろんなモデルをブログで紹介していこうと思います。

まず第1回目の今日は、ROLEX エクスプローラーⅠです

Ref114270_black_l 言わずと知れたROLEXの

看板機種です。

シンプルに出来ており、

TPOを問わず使えます。

キムタクがドラマで使用したことで、プレミアがつき、

かなり高値で取引されていました。

ROLEXのスポーツモデルの中では、小振りで

日付表示もありません。

このデザインが気に入って買うなら別ですが、

機能面ではもっと安値で購入できるモデルもあるので

よく考えてから購入をおすすめします。

Ref1016_black_l こちらは旧モデルで、

数字の字体が違います。

ムーブも旧モデルが

搭載されています。

ボクは旧モデルが好きですね。

価格が高いのがネックですけどね・・・

機能面より、人気先行といった感じでしょうか?

こんな感じで、魅惑の時計ワールドを紹介していきます。

ブログの腕時計のカテゴリばっかり多くなっちゃったりして!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)