« キツイッスね。 | トップページ | 連休! »

2009年2月 4日 (水曜日)

名機復活!ミルガウスってどうなのよ!?

今日は時計のお話です!

去年の事ですが、スイスバーゼルにおいて、

ロレックスよりかつての名機である

【ミルガウス】が復活いたしました。

レントゲン技師や医療関係など、強烈な磁場でも

精度を保ち使用できるという、特殊時計です。

賛否両論ですが、実際には不人気機種でした。

Dsc02035as

ファーストモデルが↑です。

デイト表示は無し、回転ベゼル搭載。

現在では数百万円で取引されています。

現物は私も見たことがありません。

Dsc02265as

2NDモデルは↑です。回転ベゼル非搭載で

シンプルな感じですね。これも現在は高価です

1223025872

そして、今回復活した新型ミルガウス3代目モデル

初代の稲妻型の秒針が復活しています。

シンプルさは変わらずですが、ポリッシュケースで

ラグジュアリー感が出ていますね。

秒針オレンジが良いアクセントにもなっています

昨年末の登場時には並行店ではプレミアム価格で

100万円をゆうに超えていましたが、ここにきて

経済悪化などもあり、50万前後に落ち着いてきました

で、実際どうなのよ!?ってことで、

実物を見てきた感想を書いてみますと、

このモデル、最大の変更点はケースサイズのUP

先代モデルが38ミリのケースに対し

新型は40ミリにサイズアップが図られました。

単に2ミリの変更ですが、装着感や見た目は

かなり変わってしまうんです、これが強烈。

見た目は大型の部類のサブマリーナや

シードゥエラーをも超えて見えるほどです。

EX1などは寂しく見えてしまうほどの存在感。

搭載ムーヴも新型のcal3131を採用。

パラクロムヒゲゼンマイを搭載し、

耐磁性を徹底的に強化しているようです。

デカ厚時計が好きで、尚且つシンプルがイイ

そんな人には是非オススメの1本。

私も最初は全く興味が無かったですが、

実物を見て、一瞬で心奪われたほどでした。

購入を検討している方は、是非一度

実物を見て、装着してみると良いですよ!

|

« キツイッスね。 | トップページ | 連休! »

腕時計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名機復活!ミルガウスってどうなのよ!?:

« キツイッスね。 | トップページ | 連休! »